交通論-分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数515
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代は交通機関の発達や各国の経済発展により、グローバル大交流時代である。このグローバル化によって観光産業も大きな影響を受けている。それによって世界各国で国際観光振興による、旅行者の取り合い合戦が起きている。それは日本も例外ではない。ここでは国際観光の振興に関する効果と諸問題を中心に、日本における観光の現状について述べる。
     世界各国で国際観光振興が行われていることは冒頭で述べた。その理由は、観光が社会に対して経済便益をもたらすと理解されているためである。なぜなら観光客がお金を使えば、現地の財やサービスへの需要を創出し、社会に所得、雇用および税収入を生み出すからである。特に外国人観光客を呼び込むことは、国家財政の運営上、国際収支に対して大きな影響を与える。端的に言えば、外国人観光客を呼び込み、財やサービスを購入してもらえれば、当該国の経済にプラスの効果を与えるであろう。これが観光の代表的な経済的効果である。また、観光は社会的効果を同時にもたらすことが理解されている。観光開発により交通機関の整備や、上下水道の整備、道路や警察等に代表される公共サービスが行われやすく、観光インフラや社会イン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。