商品学-分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数488
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「消費者情報」とは、消費者が経済的に効率の良い消費生活を営むため、計画、実行、評価の各段階で、合理的な意思決定を下すに必要で充分な情報と知識の総称である。わが国は経済成長に伴って多種多様な商品が社会に出回っている。また、商品情報も様々なメディアを通じて洪水のように溢れているのが現状であり、消費者はこれらの豊富すぎる情報を活用できているとは言い難い。そしてこれらの情報が信用に足りる情報なのかも疑わしいのが現状である。それが故に消費者は商品の流通上の弱者であると言って過言ではないだろう。このような地位に陥っている最大の要因は信頼できる良質の消費者情報の欠如であると言える。ここでは消費者情報について考察することにする。
     消費者情報は消費者が自らの利益を守り、かつ促進するに不可欠なものであると同時に、公正で自由な競争原理を基盤とする自由経済を健全に維持および促進する上で必須条件である。そして良質の情報を利用する消費者の賢明な選択の積み重ねは消費者主権を実現させるのに最も効果のある基盤である。そしてこの消費者情報として代表的なものを挙げると以下の3点を挙げることができる。
     1)商品テスト
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。