経済学-分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数638
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    経済成長とは生産能力が長期に渡って増大し続けることである。生産能力を規定する要因は、労働力と資本投入量の増加と様々な技術進歩である。換言するならば、労働力と資本投入量の増加および技術進歩率の向上が経済成長をもたらすと言って良いだろう。
     経済成長の要因として、上記で述べた3要素を挙げることができるが、これらの要素による影響をあらわしたのが、生産関数である。この生産関数はY=F(KD,ND:A)であらわされ、KD、NDは資本財用役と労働用役の需要量であり、Aは技術進歩率を示している。この生産関数から経済成長は生産能力によって左右されることが理解できる。
     生産活動が経済成長へ影響を与えることは理解できたが、経済がどれだけ成長したかをあらわす指標は「経済成長率」を用いている。経済成長率とは、一国の経済規模が、1年間にどれだけ増加(成長)したかを示す割合である。一般的には、1年間の国内総生産(GDP)の増加率であらわされる。わが国の経済成長率を示したグラフが下記である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     経済成長とは生産能力が長期に渡って増大し続けることである。生産能力を規定する要因は、労働力と資本投入量の増加と様々な技術進歩である。換言するならば、労働力と資本投入量の増加および技術進歩率の向上が経済成長をもたらすと言って良いだろう。
     経済成長の要因として、上記で述べた3要素を挙げることができるが、これらの要素による影響をあらわしたのが、生産関数である。この生産関数はY=F(KD,ND:A)であらわされ、KD、NDは資本財用役と労働用役の需要量であり、Aは技術進歩率を示している。この生産関数から経済成長は生産能力によって左右されることが理解できる。
     生産活動が経済成長へ影響を与えることは理解できたが、経済がどれだけ成長したかをあらわす指標は「経済成長率」を用いている。経済成長率とは、一国の経済規模が、1年間にどれだけ増加(成長)したかを示す割合である。一般的には、1年間の国内総生産(GDP)の増加率であらわされる。わが国の経済成長率を示したグラフが下記である。
    <!グラフエリア開始!>
    <!グラフエリア終了!>
    上記の経済成長率のグラフによって、わが国の景気動向を捉えることができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。