政治学-分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数614
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治的無関心とは、政治に対して主体的かつ積極的に関心を持とうとしないこと、または行動しようとしない意識や態度を表す言葉である。政治意識の希薄化とも言えるだろう。近年様々な国や場所・メディアで、この政治的無関心について深刻な問題として論ぜられているのである。その背景には政治的無関心層の拡大が民主主義を崩壊させ、ファシズムなどの政治的問題を生む原因となるからである。政治的無関心層の増大は、日本も例外ではないだろう。日本は政治的無関心層や無党派層が多いとされているのである。政治的無関心がおよぼす問題について述べていこうと思う。
    アメリカ合衆国の社会学者デイヴィッド・リースマンの分類によると以下の2つに分類される。
    1.伝統型政治的無関心
    2.現代型政治的無関心
    1の伝統型政治的無関心とは、政治とは一部の特権階級のごく少数者が行うものという意識が庶民にあったため、庶民は自然と無関心が拡がっていくというものである。伝統型政治的無関心の特徴として、政治に関する知識や情報が顕著に欠けているのである。その原因として政治に携わる者が、庶民層に対して必要な政治教育を行わないことが原因とされているのである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。