法学-分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数607
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     法の解釈とは、法規範の持っている意味や内容を明らかにすることである。明らかにすると言っても、ただ単に言語的もしくは文章的のみに明らかにすることではなく、法によって規制、統制される事実や結果を考慮しながら、法の本来持つ意味を明確化することである。
    法の解釈について具体例を挙げて説明しよう。他人に依頼して殺人を行ったものがいるとする。刑法第一一九条によると「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」とある。この殺人を依頼した者についても刑法第一九九条が適応できるかどうかを定めることを法の解釈と呼ぶのである。 
    法の解釈には、その目的に関して二節あると言われている。まず、一つめは「立法者意思説」である。この説による法の解釈の目的は、法の制定にあたって立法者が有して意思を探求することである。もうひとつは「法律意思説」である。この説は法律自体の意思を探求することであり、日本における通説となっている。法律の意思を探求することにより、時代に即応する解釈が可能となるのである。
     続いて法の解釈の方法について説明する。法の解釈の方法を大きく分類すると「有権解釈」と「学理解釈」に分け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。