みたけ住民交流新聞091015D

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数194
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ●明るい店内は、地域住民の交流の場として無料でコーヒーがいただけるコーナーと誰でも展示できるギャラリーがあり、手芸品、木工品、竹酢などのほかたくさんの食品、新鮮な野菜もある。●こんな『手づくり工房 夢街道』は、平成 19年8月ひとりの母親の投稿から始まった。「障がい者と健常者がお互いに協力し合い、観光と福祉を結びつける施設の建設」という投稿意見が県の補助事業として採択された。その勢いをかって「美濃加茂市社会福祉協力会(当時会長・赤松逸作/現会長・井戸敏郎)」が奔走されたが簡単には運ばなかったという。何度もあきらめ、くじけそうになりながらも、市行政や地域企業のほか何より敷地や駐車場の提供などの地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。