教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数234
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
     学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的地位を決める基準の一つが学歴である社会である。学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」であり、高学歴社会とは意味するところがまったく違ってくる。学歴社会とはただ単に教育を重視する社会ではない、ことである。学歴社会を解消するために、もちいられる施策は現在のところ無理である。なぜならば、身分社会を解消するために、考え出されたのが学歴社会であり、身分社会を実際に解消したからである。これは多くの人々にチャンスを与えるものであった。(教科書P37~38)
     この教育機会が広がる以前、明治の学制が敷かれるまでは、身分社会であり、武士の子は武士、農民の子は農民という、士農工商の父の身分が子どもの進路・職業を決定した。その後、明治維新が起こり、欧米へのキャッチアップを目指し、相当数のリーダーが必要となり、効率的な人材養成・登用のシステムが必要となった。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。