教育心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数269
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。』
     象徴機能は、人間の活動、なかでも創作活動にとってなくてはならない機能である。ここでは、象徴機能の発生について、順を追って説明していきたい。
     まずはじめに、「象徴」、「象徴機能」という言葉について整理しておきたい。
     象徴(symbol)とは、「直接的に知覚できない概念・意味・価値などを、それを連想させる具体的事物や感覚的形象によって間接的に表現すること。また、その表現に用いられたもの。」(『Yahoo!辞書』内、大辞林(三省堂)より)である。簡単に言うと、漠然としたものを想像力を使って補完しつつ表現することや、何かを何かに見立てたりたとえたりすることである。
    次は、象徴機能(symbolic function)である。ピアジェは、象徴機能は意味するもの(能記)と意味されるもの(所期)の関係の成立であるとしている。また、岡本夏木(1995,326p)は、象徴機能を「記号的意味作用において、あるものを、それとは異なるもので代表させる働き」と定義してお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。