・自由再生法、信号検出理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,093
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験情報心理記憶物理人間言葉自由意味

    代表キーワード

    信号検出理論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・自由再生法、実験方法・考察
    ・有意味語、直後再生
    有意味語を記憶した瞬間に記憶を再生するという実験。
    この実験においてほとんどの人々が50%以上の正解率を持っている。意味があることにより記憶する際に物を頭の中でイメージしたり、過去の記憶を生かし印象に残った思い出などを単語を見て連想することにより言葉を違うもので頭の中で考えることにより言葉、文字を記憶することができる。これより、正解率が皆高かったと考えられる。
    ・有意味語、延滞再生
    有意味語を記憶して数分時間をおいたあとに記憶した情報を記述する実験。
     この実験においては実験結果より有意味語、直後再生より正解率が低いことがわかる。これは記憶を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。