02707 生物学入門第二分冊

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数120
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         02707 生物学入門 第二分冊
    略題 生物濃縮と人間生活との関連
    生物学の目的は生命現象の解明とともに人間の幸福に貢献することである。現在の生物学は多くの発見によりライフサイエンスとして発展しているし、人間生活とも大いに関連している。そこで「生態系における生物濃縮」について解説せよ。さらに最近の有害化学物質と関連して、「人間生活」にどのような影響や対策があるからについて、自分の考えで論評せよ。
    自然の中で分解されにくい物質が、生物の体内に取り込まれ、食物連鎖の過程でどんどん濃縮されていくことを生物濃縮といいます。海の中の生物を例として生物濃縮があげられる。 例えば、プランクトンはイワシのような小魚に食べられる。小魚はさらに他の大型の魚に食べられ、最終的にセイウチやアシカのような大型の哺乳類などに食べられる。もし最初のプランクトンに分解されない有害な物質が少しずつ含まれていた場合、プランクトン→小魚→大型魚→哺乳類の流れの過程で、有害物質はどんどん濃縮されていく。生物濃縮による有害物質の濃縮率は数千倍~数万倍とも言われ、食物連鎖でより高次になればなるほど、その影響は大きくなっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。