04144 社会教育 第二分冊

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数333
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○生涯スポーツ論
     生涯スポーツは、単に運動の能力向上を中心としたものではなく、子供からお年寄りまで生涯にわたりスポーツとかかわることができるようにしたもの。
     誰でもスポーツを楽しむことができ、スポーツを通して学び、人との交流や関係を深める。他の世代の人ともコミュニュケーションをとる。スポーツをすることで生活を活性化、家庭、地域社会を形成する。といった考え方が基本にある。
     高齢化社会に伴う高齢者の健康への関心や青少年の体力低下もあり、スポーツ施設の普及は必要になってきている。そうした廃家からもスポーツ振興法で「国および、地方公共団体は、体育館、水泳プールそのほかの政令で定めるスポーツ施設は政令で定める基準に達するよう、その整備に努めなければならない。」となっている。その地域に住む住民が使いやすく、コミュニュケーションの場として作られるようになっているが、まだまだ不足しているところもある。その施設を知らせるためにも、行政は広報活動を通して、多くの住民に知らせなければならない。スポーツの活性化として、運動ができるできないではなく、自分自身のためにと考えることが大切であり、生活に充実感を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。