04153児童学第1分冊

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数246
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

        04153 児童学 第1分冊
     日本の子どもがどうなのか?ということは世界の子どもと単に比べてもその国々の違いがあるので決定的なことは出てこないかもしれないが、その国や地域による特色は出てくるかもしれない。
    <日本の子ども>
     最近では、日本の子どもは切れやすくなったとか、我慢が足りなくなったといわれるが、本当にそうなのか?昔の子どもは我慢をしたくてしていたわけではないと思う。ほしいものがあっても、買ってもらえなかったりしたのは本当に家に買う余裕がなかったのだと思う。今の時代でコト格差社会といわれるが生活は苦しいと思うが格差の下のほうの人でも何とか生活は出来る。そして、子どものものも買ってあげることが出来る。つまり、日本の親は子どものために余裕はあけておくことが出来るのである。親にとっても子どもは子どもであり、援助が必要であると思われているからである。日本のしつけの甘さと指摘されるところに来るのだろう。確かに、援助をすることは子どもにとって必要ではあるがそれが甘えになってしまうようではだめなのである。
    <アメリカ・ヨーロッパの子ども>
     アメリカやヨーロッパの子どもは生まれたと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。