04165 生涯健康論2分冊

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数233
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども小学校学校健康家族ストレス自由運動食事

    代表キーワード

    04165

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         04165 生涯健康論 2分冊
     生活習慣の変化や食事の欧米化に伴う病気が脳出血・がん・心臓病などである。これらは「成人病」といわれる病気であるが、若いときから病気は始まってきている。「成人病」は子どものころからの生活習慣が元になって出てくるので「生活習慣病」とも言う。子どものときからの生活習慣をしっかりしておかなければこういった病気にかかってしまうのである。子どもにとって、毎日の生活習慣は心と体の成長に大変重要なことである。食べること・遊ぶこと・寝ること・勉強や親に愛されることで子どもは成長していく。しかし、カロリーのとりすぎや運動不足、過度のストレス、寝不足といったことは肥満や高血圧・糖尿病といったことを子ども時代から引き起こさせる。自分の子どもがそんなことにならないためにも、より良い生活習慣を身に付けなければならない。
    一日のリズムをよくする。朝は余裕を持って起きられる時間に起きる。
    朝食をしっかり食べる。朝食べなければ脳に栄養が行かないので昼食を食べるまでは脳が働かないのでせっかく勉強をしても意味がないのである。
    食事は主食・主催・副菜とバランスよく食べる。
    肉・魚・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。