03103 教育学概論 第一文冊

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数181
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育に対する問題は学校自体に存在するわけではない。学校を取り巻く環境によって存在すると思う。社会環境によって生まれてきている問題が学校に問題を持ってくるのであって、学校に問題責任を押し付ける今の世論の考えは適当ではない。実際に学校ではどのような問題が起きているのか。「体罰」「暴力」「いじめ」「不登校」「学力の低下」「学級崩壊」「問題教師」「ゆとり教育」などがあると思う。そして、その結果、今の保護者や国民は学校に対する信頼を失っている。これらの問題は今始まったことなのかということ。学校についての問題は昔でもあった。今になって教育について熱心になっているのはなぜなのか。格差が日本にも出来てきているといわれるがそれでも子どもは学校に通えることは出来る。教育のためなら保護者はお金を惜しまないだろう。日本社会がある程度安定期に入ったため、教育を見る余裕が出てきたことが最近の教育の問題についてどっとマスコミにも取り上げられて注目も集まっているからだろう。
     今学校で起きている問題は学校が解決をしなければならない問題であるのか。たとえば、自殺した子どもが出た「いじめ」だが、こういった問題は学校の責任..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。