9110経済学概論1 レポート1484文字

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数639
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問1 消費の決定について
    ①無差別曲線の性質
    無差別曲線とは、互いに代替財であるAとBの2財の組み合わせから、ある個人が同一の効用を得られる点の軌跡である。
    無差別曲線の性質は、4つの前提をもとに説明をすることができる。
    前提1;家計は、限られた収入で出来るだけ大きな効用を得られるように行動するものとする。
    前提2;限界効用の大きさを具体的な数値で表すことはできないが、どちらが好ましいかの選択だけは可能とする。
    前提3;総効用は財の数量に依存することとする。
    前提4;時により選択を変化させない一貫性と、選考にねじれがないとする推移律があるとする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問 1 消 費 の 決 定 に つ い て
    ① 無 差 別 曲 線 の 性 質
    無 差 別 曲 線 と は 、 互 い に 代 替 財 で あ る
    A

    B

    2
    財 の 組 み 合 わ せ か ら 、 あ る 個 人 が 同 一
    の 効 用 を 得 ら れ る 点 の 軌 跡 で あ る 。
    無 差 別 曲 線 の 性 質 は 、
    4
    つ の 前 提 を も と に
    説 明 を す る こ と が で き る 。
    前 提
    1;
    家 計 は 、 限 ら れ た 収 入 で 出 来 る だ け 大
    き な 効 用 を 得 ら れ る よ う に 行 動 す る も の と す る 。
    20 × 10
    前 提
    2;
    限 界 効 用 の 大 き さ を 具 体 的 な 数 値 で 表
    す こ と は で き な い が 、 ど ち ら が 好 ま し い か の 選 択 だ け は 可 能 と す る 。
    前 提
    3;
    総 効 用 は 財 の 数 量 に 依 存 す る こ と と す
    る 。
    前 提
    4;
    時 に よ り 選 択 を 変 化 さ せ な い 一 貫 性 と 、
    選 考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。