教育相談の研究 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数145
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法
    および今後の課題について述べなさい。
    昨今、社会の急激な変化を受けて、教育現場でもいじめ、不登校、学級崩壊、学力低下などさまざまな問題が生じている。教師には子どもたちの心理的な面への配慮、支援を行うことが期待され、子どもたちが望ましい人間関係の構築を学ぶ場としての学校の役割が重要視されていると考えられる。このような状況に対応すべく、学校カウンセリングという概念が登場し、子どもたちの心のありようの理解を深めることが要求されている。
    そもそも「カウンセリング」とは日常生活での悩みに対する相談、指導であったが、のちに治療的な意味も加わるなど時代を経て発展を遂げてきた。
    狭義でのカウンセリングは二種類、治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングに大きく分けられる。
    前者は、専門的カウンセリングとも言い換えられ、クライエント(患者)に対して、カウンセラー(セラピスト)が専門的な知識と技術を用いて、症状や病気を治療する。この精神分析的カウンセリングは、自己(自我)が完成され、内からの成長能力が期待できない大人に用いられる手法である。
    これに対し、後者は開発的カウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。