学校教育職入門 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数398
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」
    についてまとめなさい。
    いじめ、不登校、学級崩壊、学力低下など教育にまつわる問題がニュースを賑わし、社会的に「学校」が常に注目される昨今、必然的に教師に要求されるところも大きくなる。教師に求められる資質について考察するにあたり、まず教師とはどういう仕事であるかを考えてみたい。
    人にものを教える人を教師と定義するならば、万人が万人に対して教師であり、その歴史も人類とともに始まったといえる。しかし設題における教師は「教員」と同義であると考える。つまり、近代教育制度により制度化された学校において、公的に認定された資格を持ち、教育活動に携わる公職者である。また「教師」はその人の人格が児童・生徒に肯定的な教育作用を及ぼす立場の人であるとも考えられる。これらを踏まえて、教師に求められる資質について述べていきたい。
    1996年、中央教育審議会発表の「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」を受け、1997年、教育職員養成審議会の発表した第1次答申「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」の中で、教員に求められる資質能力は次のように述べられている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。