特別活動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数408
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     特別活動の三本柱は「集団活動」「自主的活動」「実践活動」である。そのなかで、特別活動でもっとも重要な要素は、全生徒によって行われ、自発的・自治的に活動をすることである。生徒一人一人の思いを大切にして、私たちは「答え」を教えるのではなく、全生徒が自発的・自治的に活動をするための「手助け」をすることが私たちの役割である。
     これからの教育における特別活動の重要性について、その根拠を示しながら3つの点を述べる。
     はじめに、特別活動の教育目標の一つは「心豊かな人間性を育てる」ことである。では、「心豊かな人間」とはいったいどのようなものであろうか。まず、生徒たちは、学級生活の中で課題を見つけ、学級の目標をつくり、達成への取り組もうとする。そのときに話し合い活動が行われ、生徒はさまざまなことを経験する。たとえば、自分の思いを自らの言葉で言い切れるようになり、自分の意見だけでなく、友人の立場になって物事を考え、理解、受容することができるようになる。そして最終的には、自他の思いや考えのよいところを採り入れて、新しい考えを「創り出す」ことができるようになる。話し合い活動の次には実践活動を行うようにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。