第二次世界大戦直後のドイツ人の意識とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数637
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二次世界大戦直後のドイツ人の意識はどのようなものであったか、占領軍に対する感情、ナチズムに対する態度等を考慮に入れながら述べる
    第二次世界大戦は1939年9月1日から始まり、1945年9月2日にかけて行われた。
    1945年は、零時刻と呼ばれ、ドイツは降伏した。
    この年はドイツにとって終わりでもあり、始まりでもあった。
    敗戦したドイツは、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連によって分割占領され、中央政府は消滅した。
    また、敗戦後のドイツ社会は瓦礫社会、あるいは崩壊社会と表現されている。
    食料不足による飢えと、戦争被害による家屋の倒壊、そして失業者の増加、この経済危機がアメリカ占領軍に、ドイツ経済..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。