アメリカ占領下のドイツにおける再教育・再方向付け政策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,278
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ占領下ドイツで行われた再教育・再方向付け政策の内容について説明する。そのプログラムの成果についても言及する。

    アメリカは、ドイツ人の権威主義的な行動規範の払拭、個人の人権の尊重、討論の重視、男女平等を達成することで民主主義化を図ろうとしていた。
    この民主化政策で大きな役割を果たしたのがアメリカハウスであった。
    アメリカ人はアメリカハウスを媒体に政治意識を喚起しようとした。
    再教育プログラム重要な柱として、タウンミーティングが挙げられる。
    タウンミーティングを開催することで個人が地方自治に参加できると考え、中規模の都市や町村での開催を奨励した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ占領下ドイツで行われた再教育・再方向付け政策の中から1つ選び、その内容について説明する。そのプログラムの成果についても言及する。
    アメリカは、ドイツ人の権威主義的な行動規範の払拭、個人の人権の尊重、討論の重視、男女平等を達成することで民主主義化を図ろうとしていた。
    この民主化政策で大きな役割を果たしたのがアメリカハウスであった。
    アメリカ人はアメリカハウスを媒体に政治意識を喚起しようとした。
    再教育プログラム重要な柱として、タウンミーティングが挙げられる。
    タウンミーティングを開催することで個人が地方自治に参加できると考え、中規模の都市や町村での開催を奨励した。
    期待していた効果があが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。