ソヴィエト占領下のドイツでなされた土地改革について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数464
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソヴィエト占領下のドイツでなされた土地改革について、ドイツにおける大土地所有制の歴史をふまえて説明する。

    ソヴィエトの対ドイツ政策に関して
    第二次世界大戦で、ドイツが敗北し、連合軍に無条件降伏した。
    ソ連が占領状態に置いていたベルリンには各国の駐留軍が進駐するが、独ソ戦の賠償や共産圏拡大を望むソ連は西側の進駐を妨害するなど非協力的、西ベルリン地域ではソ連側の秘密工作や不法行為も起こっていた東ベルリンはソ連、西ベルリンは米英仏の3ヶ国が統治し、実質的に2分割された。
    1948年に、西側がドイツ西部地域に新国家建設の方針を固めると、それに反発したソ連は西ベルリンへの交通制限を西側へ通達し、ベルリンへの交通制限を西側へ通達し、ベルリンを封鎖した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソヴィエト占領下のドイツでなされた土地改革について、ドイツにおける大土地所有制の歴史をふまえて説明する。
    ソヴィエトの対ドイツ政策に関して
    第二次世界大戦で、ドイツが敗北し、連合軍に無条件降伏した。
    ソ連が占領状態に置いていたベルリンには各国の駐留軍が進駐するが、独ソ戦の賠償や共産圏拡大を望むソ連は西側の進駐を妨害するなど非協力的、西ベルリン地域ではソ連側の秘密工作や不法行為も起こっていた東ベルリンはソ連、西ベルリンは米英仏の3ヶ国が統治し、実質的に2分割された。
    1948年に、西側がドイツ西部地域に新国家建設の方針を固めると、それに反発したソ連は西ベルリンへの交通制限を西側へ通達し、ベルリン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。