ナチスによるユダヤ人への人権政策の展開について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,480
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    それまでの反ユダヤ主義は、家族的、文化的な面に根ざしていた。
    しかし、国民的高揚とともに、1933年初頭以降は新しい反ユダヤ主義がヨーロッパ近代の人種主義政策と結びついて、ナチ体制化のドイツで支配原理となった。
    また、ナチス・ドイツという民族共同体からは、劣等人種であるスラブ民族や、有色人種、シンティロマ、そしてユダヤ人を排除することが望まれた。
    ナチス・ドイツは純血種による統一的社会、そしてドイツの救済と再生を目指し、民族共同体を建設し、反ユダヤ主義や優生学、人種衛生学、社会ダーウィン主義などを政治に取り組む必要があると考えた。
    こうして、少数派の集団への無関心、ヒトラーへの盲目的信頼がホロコーストの環境を準備していった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ナチス・ドイツによるユダヤ人に対する人権政策の展開ついて
    それまでの反ユダヤ主義は、家族的、文化的な面に根ざしていた。
    しかし、国民的高揚とともに、1933年初頭以降は新しい反ユダヤ主義がヨーロッパ近代の人種主義政策と結びついて、ナチ体制化のドイツで支配原理となった。
    また、ナチス・ドイツという民族共同体からは、劣等人種であるスラブ民族や、有色人種、シンティロマ、そしてユダヤ人を排除することが望まれた。
    ナチス・ドイツは純血種による統一的社会、そしてドイツの救済と再生を目指し、民族共同体を建設し、反ユダヤ主義や優生学、人種衛生学、社会ダーウィン主義などを政治に取り組む必要があると考えた。
    こうして、少数派の集団への無関心、ヒトラーへの盲目的信頼がホロコーストの環境を準備していった。
    ヒトラーの政権掌握後すぐにユダヤ人の市民権などはナチズムによって破壊された。
    そして、1935年9月にはニュルンベルク人種法が公布された。(ドイツ人の地と名誉を守る法、ドイツ国公民法)
    1938年11月に起こったユダヤ人に対する集団暴力(帝国水晶の夜)は、ユダヤ人問題の最終解決、ユダヤ人の大量殺害に向けて本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。