非ナチ化政策の展開

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数908
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第二次世界大戦で敗北したドイツは、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連に分割占領され、ナチス体制の弊害を除去することを目的として行われたのが非ナチ化である。
    1945年8月2日のポツダム協定で、ナチ党員を公職や民間企業の要職から排除する方針が決まり、これが非ナチ化の根拠となった。 積極的に行われたアメリカによる非ナチ化は当初積極的であった。
    ナチ党や関連の指導者のランクを記したリストである、逮捕カテゴリーハンドブックを参考に、1945年7月7日に7.7指令が下される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ占領下のドイツで行われていた、非ナチ化の展開について、当時の国政情勢と関連付けながら論じなさい。
    また、戦後ドイツ社会からナチの影響力を排除できたか同化についても検討するように。
    第二次世界大戦で敗北したドイツは、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連に分割占領され、ナチス体制の弊害を除去することを目的として行われたのが非ナチ化である。
    1945年8月2日のポツダム協定で、ナチ党員を公職や民間企業の要職から排除する方針が決まり、これが非ナチ化の根拠となった。
    積極的に行われたアメリカによる非ナチ化は当初積極的であった。
    ナチ党や関連の指導者のランクを記したリストである、逮捕カテゴリーハンド..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。