経営学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数389
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    簡単にいうとコーポレート・ガバナンスとは企業統治の仕組みを意味する。会社経営が間違った方向に行かないように監督する仕組み,システム,組織のことをいう。
    一つ目は会社の株価を最大化することである。ようするに「株主の利益を最大にするように経営をコントロールすることである。」
    二つ目はコア従業員の利益を最大にすることである。コア従業員とは、長期的に会社にコミットする従業員。(パートや派遣社員は属さない)
    三つ目は会社のすべての利害関係者の利益を増進することである。
    重要性については会社経営が間違えた方向に行かないように会社法に規定された株主の権利を守りつつ、株主の利益にそって会社を経営するように経営者をコントロールする制度の「株主主権型企業統治」や、会社の主権者は経営者を含めたコア従業員であるという企業統治の「従業員主権型企業統治」、さらに、会社に原材料やサービスを提供する会社と会社の消費者および会社が立地する地域の利害までも考慮して、企業統治する「ステークホルダー型企業統治」などがあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学Ⅰ
            コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
    簡単にいうとコーポレート・ガバナンスとは企業統治の仕組みを意味する。会社経営が間違った方向に行かないように監督する仕組み,システム,組織のことをいう。
    一つ目は会社の株価を最大化することである。ようするに「株主の利益を最大にするように経営をコントロールすることである。」
    二つ目はコア従業員の利益を最大にすることである。コア従業員とは、長期的に会社にコミットする従業員。(パートや派遣社員は属さない)
    三つ目は会社のすべての利害関係者の利益を増進することである。
    重要性については会社経営が間違えた方向に行かないように会社法に規定された株主の権利を守りつつ、株主の利益にそって会社を経営するように経営者をコントロールする制度の「株主主権型企業統治」や、会社の主権者は経営者を含めたコア従業員であるという企業統治の「従業員主権型企業統治」、さらに、会社に原材料やサービスを提供する会社と会社の消費者および会社が立地する地域の利害までも考慮して、企業統治する「ステークホルダー型企業統治」などがあります。
    アメリカ型企業統治と日本型企業統..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。