横浜大空襲

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数501
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本福祉中国人権子ども戦争学校虐待問題

    代表キーワード

    中国横浜大空襲

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    5月29日の横浜大空襲の日に際して
    今日5月29日は何の日だか知っていますか?今からちょうど60年前、昭和20年の今日、日本はアメリカと戦争をしていました。そうです、第2次世界大戦です。そしてこの日に横浜は大規模な空襲を受けました。わずか1時間8分の焼夷弾空襲で、横浜市域の34%が焼け野原になり7000人から8000人もの市民が焼け死んだといわれています。飛来した米軍の爆撃機B29は500機、戦闘機P51は100機、落とした焼夷弾は40万個以上にのぼり、市民1人当たり2発ぐらいの割合になります。横浜市内には市立の国民学校83校、幼稚園1校、青年学校34校、旧制中学校6校、ろう学校1校、専門学校2校の計127校ありました。全体の38.6%に相当する国民学校32校が空襲で被害を受け、そのほとんどが全焼しました。特に鶴見、神奈川、西、中、南区が集中的にやられました。横浜市に対する空襲は、昭和20年1月から8月までに30回以上にもなり、29日の被害が最も大きく、横浜大空襲と呼ばれています。
    皆さんは戦争について、どのような印象を持っていますか?先生を含め、皆さんも体験したことの無いことなので難..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。