NMR分光法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,066
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NMR
    核スピン量子数I = 1 /2の原子核に強い静磁場を印加すると、磁気双極子としてふるま
    う核スピンには、磁場に対して平行もしくは反平行の状態が現れる。これはゼーマン分裂
    として知られており、そのエネルギー差は磁場の強さに比例する。外部から電磁波を照射
    すると、原子核はこのエネルギーを吸収・放出し、スピンの状態が変化する。この現象を
    核磁気共鳴(NMR:Nuclear Magnetic Resonance)という。スピン系において、スピン間の
    相互作用(双極子-双極子相互作用)や、原子核周りの化学的な電子状態の違い(化学シフ
    ト)は共鳴線に微細構造を与える。そして、これらは系の分子運動によって変調を受け、
    その時のスペクトル密度を求めようとするのが NMR 分光法の原理である。
    ここでは、NMR の原理と合わせて、熱平衡からずれた磁化の振舞い、すなわち、磁気
    緩和について述べる。
    2.1 スピンと磁化
    1H や
    13Cなどの原子核は、スピン角運動量を持ち、それを~I とすると、磁気モーメン
    ト µ は次のように表わされる。
    µ = γ~I (1)
    γは磁気回転比であり、原子核に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。