放置自転車の社会的ジレンマ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数840
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    放置自転車社会的ジレンマ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 放置自転車の社会的ジレンマ
            ~国立駅周辺の放置自転車対策事業を例に~
                        
    はじめに
     本レポートでは第三回講義を元に、駅前を中心とした放置自転車の問題を、社会的ジレンマ、そしてその外部的解決と自己組織的コレクティブチョイスの観点から考える。そのために例として国立市をあげ、現状と改善のための行政・民間の活動などについて述べた後、更なる改善のための自己組織的コレクティブチョイスの実現について述べる。
    国立駅周辺の現状
     はじめに、国立駅周辺における放置自転車の現状から社会的ジレンマについて考える。現在、国立駅南口周辺には有料の駐輪場(一次利用一日100円)しかなく、無料でとめられる駐輪場は歩いて5分ほどの大学どおりぞいにしかなく、その上、有料、無料の駐輪場とも容量オーバー気味である。そのため、駅を利用するため、またはその周辺の飲食店やスーパーを利用するため駅周辺の道路、店舗の前には常に多くの放置自転車が止まっている。昭和55年には放置自転車の数が全国一位になった。国立市は文教地区に指定されており、美しい町並みを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。