国際社会の課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数318
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    国際社会

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際社会の課題 中間レポート
    論題 レーガンが開始した新保守主義の諸政策の持つマイノリティに対する社会的バイアスについて60年代までの制度的な差別の構造と比較して論ぜよ。
    課題図書から読み取れるマイノリティへの社会的バイアス
     課題図書である「ルポ 貧困大国アメリカ」の1~3章では、1980年代以降のアメリカの新保守主義、すなわち競争的な市場原理に任せた自由主義的な経済政策の結果、あふれ出してしまった人々の苦しみを著している。プロローグでは大きな問題となったサブプライムローンの崩壊が移民を含む低所得者たちをさらに貧困へ導いたことをあげ、新保守主義の結果ひとびとの「教育」「いのち」「暮らし」に関わることが民営化され市場の原理に含まれるようになってしまい、それが社会的に大きな格差の問題を生み出していると述べている。
     一章では貧困の結果、満足に子どもに食事を与えられないことから国のフードスタンプや無料―割引給食制度に頼らざるを得ず、そのことがジャンクフードを中心とした栄養に偏りがある食事を増加させ肥満児が増えていることを例に挙げ、「暮らし」の民営化の問題化が挙げられている。そしてこの章でレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。