自然地理学 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数613
ダウンロード数22
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    地震都市自然記憶考察被害原因記録動物災害

    代表キーワード

    自然地理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『わが国で自然災害が発生した地域をひとつ選び、過去の自然災害と被害について述べ、その発生原因と対策を地図を示して考察せよ』
    私は昨年の12月、観光で神戸の街を歩き回った。その途中、一冊の雑誌から「阪神淡路大震災」ということばが飛び込んできた。その記事には現在の神戸も街並みとはかけ離れた、まるで戦争による空襲を受けたかのような写真が載せられていた。
    今回、そのときの記憶を思い出し、また心に刻むと言う意味もかねて、阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)について考察していきたいと思う。
    ~記録、そして記憶~
    1、阪神淡路大震災の概要
    発生年月日、平成7年(1995年)1月17日(火)5時46分
    地震名、平成7年(1995年)兵庫県南部地震
    震央地名、淡路島(北緯34度36分、統計145度02分)
    震源の深さ、16km
    規模、マグニチュード7.3
    各地の震度 
    震度7 神戸市須磨区鷹取、長田区大橋、兵庫区大開、中央区三宮、灘区六甲道、東灘区住吉、芦屋市芦屋駅付近、西宮市夙川など、宝塚市の一部、淡路島北部の北淡町、一宮町、津名町の一部 (別紙資料、地図1・2参照)
    震度6 神戸、洲本
    震度5 京都、彦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。