象を撃つ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数499
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    撃つ支配者

    代表キーワード

    支配者象を撃つ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『象を撃つ』を読んで 
     私はこの本を読んで、支配者と被支配者との関係性において、今まで自分が考えていたものとは著しく違うものもあるのだということに驚いた。両者の権力の関係性は、当然どんな状況下においても「支配者>被支配者」であり、被治者は彼らの権利の主張も認められることはなく、圧制を強いられるだけの弱い存在であると思っていたのである。しかし本書では、主人公のようなイギリス人は、ビルマにおいては逆に居心地の悪い生活を送っていたのであり、差別を受けていたといえる。
    『支配するためには「原住民」に感心されなければならず、そのためには「原住民」を威圧することに生涯を捧げること、どんな場合でも「原住民..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。