7~政治学文献研究 各章まとめ

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数460
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治学英語文献研究(基礎)
    7、8、9、10、11、12、15、16、19、20章
    7章 Global Politics
    20世紀後半は、Marshall Mcluhanの言葉を借りれば、’世界村‘(global village)になったという認識をもたらした。グローバリゼーションの現象は我々の政治への理解と政治の性質への相互作用を変化させた。政治の古典的な見方は国家中心(state-centric)であった。つまり、国家は政治の主要なアクターであり、注目は政府レベルの活動に注がれていたのであった。したがって、国内政治と国際政治の間には明確な区別がなされていた。すなわち、国家の中で行われていたことと、国境の外で何が行われていたのかということとの間である。実際後半になって新しく区別された学問、国際関係の客観的問題が登場した。しかし、グローバリゼーションは弱まり、おそらく破壊され、‛国内’と‘国外’の区別は、議論されたように、世界社会の表れにつながった。だが、国民国家は引き続き世界の舞台において最も重要なアクターとして存在し続け、超国家とトランスナショナルなグループや組織の影響は否定できな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。