社会政策 内部労働市場 形成過程

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数763
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内部労働市場の形成過程を論理的に説明せよ(特殊能力や限界生産力の概念を使う) 2、労働者派遣(法)について、その歴史的過程と諸課題を説明せよ 3、多国籍内部労働市場の概念と、「二国籍」企業から「多国籍」企業への脱却方法とについて説明せよ 4、多国籍企業における海外派遣者、特に帰任者について、その問題点を説明せよ
    企業内訓練
    一般訓練→普遍的技能を習得(PC、語学
    企業内特殊訓練→企業独特のノウハウ
    費用負担と収益の配分が問題となる
    知的熟練形成
    OJT→低コストで仕事を通じた訓練ができるが、機会費用がかかってしまう
    社員を幅広い分野に移動させておくこと→幅広い知識を身につけさせ、リスクに対して日頃から訓練
    OFF-JT
    労働市場
    労働市場とは、労働サービスが取引商品として扱われている生産要素市場である。ここで売買されている労働は、金銭の対価としての労働であり、例えば、家事労働などは含まれない。労働市場は企業の外で取引される労働市場である外部労働市場と、内部労働市場とに大別される。
    外部労働市場においては、労働サービスを供給する個人と、労働サービスを需要する企業との間で取引が行われる。賃..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。