社会政策  内部労働市場 社会的弱者

会員1,188円 | 非会員1,425円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数858
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会政策 中間リポート 
    今回のリポートにおいては、内部労働市場についての定義や成立要件などに触れながら、社会的弱者の問題を絡めて労働市場について分析していく。
    1)内部労働市場の定義と特徴
    まずは内部労働市場の定義と特徴に関して述べていく。内部労働市場(Internal Labor Market)とは、ダンロップらの定義によれば「企業などの組織内部で、組織の外部とは異なる各種の取り決めの下に、長期雇用労働力の価格付け(賃金)と配分が決定される場」としている。この内部労働市場の対照にあるのが、外部労働市場であり、外部労働市場は需要曲線と供給曲線との交点において雇用量と価格(賃金率)が決定されるものである。外部労働市場は競争状態におかれ、W(wages)=MP(marginal Productivity)となるが、内部労働市場は必ずしもW=MPとはならず、むしろそうではない市場である。企業などの組織内部において、独自の取り決めによって長期雇用労働力の価格付けと配分がなされる場である。内部労働市場は多様な保護によって守られていたり、非競合性、排他性などを有しているため、労働者はその内部で働..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。