環境問題にみるナショナリズム意識 ナショナリズムとは

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数533
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「環境とナショナリズム」
    「環境」という言葉を昨今我々は一日何回目にし、耳にするのであろうか。新聞を読めば「環境」という言葉が載らない日はないくらい、「環境」という言葉は我々の日常に溶け込んできている。「環境は守らなければならない」というとき、「~なけれらばならない」という言葉の持つ影響力により、我々は何かしら環境に対して貢献を求められる。では、「環境は守るべきである」という言葉にはそれほどまでの恣意性は感じない。つまり、環境という言葉はそれ自体としては殺人などのようにマイナスの意味を持つ言葉ではない。では当然のこととして環境を守っていくことは一見理に適っているかもしれないが、周知のようにそうは思っていない人・国・組織がある。または環境には配慮していくべきだとは認識しているが、それが実利的な事項に結び付くと否定的な主体(国国家・人・組織)がある。そういった国は例えば以前のアメリカ政府であり、中国政府、経済分野の連合組織、石油企業を筆頭にする企業などである。アメリカ政府も京都議定書には批准していないものの現在は環境に配慮していくように働きをかけているし、中国政府も全く環境に配慮していない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。