現代デモクラシー論 少子高齢化と累積債務の問題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数678
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代民主主義国家が直面する課題だが、ここでは対象を日本に特定したうえで話を進めていく。現在日本が直面している問題は山積だが、特に今後に深刻な影響をもたらすものに少子高齢化と累積債務の問題が存在する。日本は現在「人口減少化時代」になっており、今年のセンター試験の受験者数は昨年度よりも1万人減っている。このままのペースで進めば若者が背負う負担が高まり、世代間の格差が生まれてしまう。さらに若者の間でも、世代内格差が存在しており、フリーターやいわゆるニート(NEET)といわれる人の存在が社会的にも問題となっている。定職に就くことが必ずしも「正解」ではない。だが、それによってもはや国の将来にも影響を及ぼすほどの人々が社会的弱者になっている。彼らは将来年金や社会保障費に関して深刻な影響を与える可能性があるし、構造的な貧困を定着してしまう可能性もある。年収300万円ほどだとしても将来その金額で子供を大学に通わせることは難しいし、一家四人だと生活だけでもままならない。それによって子供を産む機会がますます奪われるし、子供が生まれたとしても一人一人に対して十分に教育を行うことが難しいので構造的に単純作業労..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。