環境経済学 コンビニ業界が取り組むエコと株価について

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数869
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境経済学   前期期末レポート    
    <目次>
    はじめに;対象企業について
    企業がどのような環境リスクを抱えているのか
    企業の環境対策の費用と効果がどのように評価されているのか
    環境規制を受けて企業の技術開発がどのように変化しているのか
    企業の環境対策の今後の課題は何か
    はじめに;
    今回の調査では、対象をコンビニ業界を対象としてみた。なぜコンビニエンスストア(以下コンビニ)業界を対象としたかといえば、我々の生活に最も身近に根付いているからである。日本全国に店舗があり、しかもほとんどが24時間営業である。外国に行っても日本ほどコンビニエンスストアがある国はないだろう。環境は決して遠いところの議論だけではない。我々の身近にある企業を調べることで、日々の暮らしの中にどういった環境対策が行われているのかを理解しやすいと考える。コンビニは日本では飽和状態に近いが、今後はアジアをはじめ全世界的にもさらに広まっていくことが予想される。そして扱っている商品は、食品や飲料だけにとどまらず、ほぼ日常生活全般にわたる生活品を販売している。人々が口にするもの、肌に触れるもの、対象は幅広い。店舗数も全国に数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。