日本語学概説Ⅱ 類義語の意味の比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数579
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    類義語の意味の比較(例文の頭に付けた※は、その文が意味的に不自然であることを示す。)
    ヤクとモヤス
    <Ⅰ 「ヤク」には使えず、「モヤス」のみ使える例>
    1 ※a 火をヤク
     b 火をモヤス
    2 ※a キャンドルをヤク
     b キャンドルをモヤス
    3 ※a 畑をヤク
     b 畑をモヤス
    4 ※a 脂肪をヤク
     b 脂肪をモヤス
    5 ※a 情熱をヤク
     b 情熱をモヤス
    6 ※a 闘志をヤク
     b 闘志をモヤス
    例文の1~6は、「①火が燃える、火がついて煙がたつ。」「②炎のゆらめくような光をはなつ」「③情熱が高まる、目に見えないものを燃焼する」のいずれかの意味を含んでいる。
    ①は実際に火が見え、何かを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。