上海不動産市場概況等2008下期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数29
閲覧数415
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    中国企業都市投資サービスアジア価格住宅改正需要

    代表キーワード

    中国

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    上海

    不動産市場概況

    不動産投資留意点
    2008

    10
    月月
    2
    サマリー
    外資

    不動産投資


    するする
    規制

    国内
    の不動産投資
    に対する諸規制
    に加え、
    2006
    年以降
    が外資
    の国内不動産
    に対する規制
    が次々と出されており、現在外資
    系企業
    が中国不動産
    に投資
    する場合
    は以下
    の方法
    に限られる。
    外商投資企業
    を中国国内
    に設立
    し不動産
    の取得
    (土地
    を取得
    し開発
    、出来上
    がり物件
    の取得

    既に外資系企業
    、もしくは
    中国企業
    が設立
    している中国不動産保有企業
    の買収
    ⇒現状外資系企業
    の不動産投資
    に関しては
    、多くが
    金融系
    のファンドとなっており、個々のファンドサイズは
    500
    億円
    から
    1000

    円。上海
    、北京
    、シンセン、広州等
    の主要都市
    は物件
    も限られ
    、価格
    も高騰
    した事から、
    2007
    年以降
    は蘇州
    、杭州
    、無錫
    、天津

    瀋陽
    、大連
    、成都等
    に第二
    クラスの都市
    の物件
    の取得
    が増加
    している。
    市況

    既に多くの
    情報
    が流れている通り、シンセンにおいては
    シンセン市政府
    が香港..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。