社会保障論「社会手当について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,410
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会手当について」
    社会手当とは、社会保険と公的扶助の中間的方法で、目的のためにお金を出し合う必要のない現金給付のことである。
    公的扶助の財源は税金、社会保険は保険料に対し、社会手当の財源は税金あるいは事業主が出したお金である。
    社会保険のような事前の加入や保険料を払うことが給付条件とは異なり、最低生活の保障を目的とする公的扶助とも異なる。しかし、公的扶助の選別主義か社会保険の普遍主義かと言われれば、どちらかというと普遍主義よりの制度である。では、社会手当の具体的な制度内容について、以下に3つ挙げる。
    (1)児童手当制度
    児童手当は、児童手当て法に基づき、児童を養育しているものに手当を支給..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。