社会福祉援助技術Ⅱ「社会福祉援助技術における直接援助技術について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数560
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉社会援助援助技術技術課題評価集団

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助技術における直接援助技術について」
      ソーシャルワーカーが行う社会福祉援助技術は、直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術の3つに分類することができる。その中の直接援助技術について述べていく。
     直接援助技術は利用者自身への直接的な援助からなる。その中でも2種類の技術が挙げられる。第一は個別援助技術で、第二は集団援助技術である。
    (1)個別援助技術
     個別援助技術を行っていく際には、利用者と援助者との関係性や信頼関係が非常に重要な鍵となる。その関係性を築くためには、専門的援助関係が必要となり、その1つの方法としてバイスティックの7原則がある。
     バイスティックの7原則は、①個別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。