臨床心理学「心理療法について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数646
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「心理療法について」
     臨床心理学は、応用心理学の1つであって測定、分析、観察等の方法を通して、個人の行動能力と行動特性を明らかにすることを目指すものであるとアメリカの心理学会は述べている。その中の領域の中に「心理療法」というものが存在する。
     心理療法とは精神疾患の治療、心理的問題の解決、あるいは精神的健康の増進を目的とする理論・技法の体系のことである。心理療法は、クライエントの症状のみに注目するのではなく、常にクライエントの人間全体との関連性を考慮し、クライエントが自分の力で問題解決へと努力していくことである。
     心理療法は、治療者が様々な方法を駆使して、クライエントを治すというイメージが私にはある。しかし、クライエントを「治す」のではなく、クライエントが「治る」のである。つまり、治療の根本は、クライエントの自己治癒力に頼るということであり、この理念を忘れてはならない。これには、人を信じるという前提が必要なのである。
     この心理療法は数十種類もの技法があるが、大きく4つに分けることができる。本レポートでは、心理療法の技法を支持法・表現法・洞察法・訓練法の観点から考察する。
     (1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。