臨床心理学「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数989
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学心理社会健康人間分析理解学習援助

    代表キーワード

    心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について」
     今日の社会は、急速に変化、複雑化し、それに伴って様々な不適応状態に陥る人々が増えており、臨床心理学が必要な状態である。
     臨床心理学の定義は多くの学者が述べている。アメリカの心理学会は、臨床心理学は応用心理学の1つであって測定、分析、観察等の方法を通して、個人の行動能力と行動特性を明らかにすることを目指すものである。
     前田は、「臨床心理学とは、臨床心理学の理論と技術を身に付けた心理臨床家が、患者(クライエント)を心理学の立場から測定、分析、観察したり、それに基づいて指導、カウンセリング、心理療法などの心理学的処置を行っていくことである」としている。
     では、臨床心理学における人間理解の必要性や面接場面における留意点などについて、述べる。
     臨床心理学においては、人間理解が不可欠といわれているが、なぜなのだろう。臨床心理学は心の問題や葛藤を持つ人々への援助の実践であると同時に援助の学であることは、先に述べた。しかし、真の援助とは何かについて考えていくのであれば、その相手を理解しなければならず、つまりは悩める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。