社会福祉援助技術論Ⅱ「個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数539
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉情報社会倫理援助問題地域

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ」
     ソーシャルワーカーが行う社会福祉援助技術は、直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術の3つに分類できる。その中の利用者自身への直接的な援助からなる直接援助技術の代表的な方法の1つに個別援助技術がある。
     個別援助技術は、ケースワーク、正しくはソーシャルケースワークといい、人間が遭遇する個別的な問題状況の解決を直接的な活動トしながら、問題の社会的な意味を考えて生活環境の変容や制度・サービスの変革も視野に入れた間接的な活動も積極的に行うことを示しており、その定義や意義、援助過程などについて、以下に述べていく。
    個別援助技術の意義は、いくつか考えられる。第一に、利用者の生活問題の固有性を尊重することである。第二は、利用者が生活状況に応じた動機づけや意思などの内的能力が発揮できる関わりを行うことである。第三は、地域の社会資源を積極的に活用することである。第四は、利用者を中心とする生活環境に働きかけることである。第五は、地域の社会環境の改善に影響を及ぼすことである。
     個別援助技術はソーシャルワークの1つの技法として捉えられるため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。