児童生徒指導論「いじめ・不登校・校内暴力等の指導およびLD児・ADHD児の理解について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数445
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「いじめ・不登校・校内暴力等の指導およびLD児・ADHD児の理解について」
     いじめや不登校、校内暴力は、学校教育に多大な影響を与える重大な問題である。これらの問題が起きた時に、学校内だけで問題を抱え込むのではなく、家庭をはじめ、地域の児童相談所、警察、教育委員会などの関係機関と共に早期問題解決に向けて子どもに働きかけていくべきである。そのためには、常日頃からこれらの関係機関との連携を密にし、協力体制を整えていかなければならない。
     いじめは、児童生徒の心身の発達に大きな影響を与え、人権に関わる重大な問題である。近年では、いじめが原因で自殺するケースも増えてきており、教師による早期発見と適切..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。