国語指導法「家庭、保育園、幼稚園との国語に関する指導の連携協力を基とした入門期指導について述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数283
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    国語指導法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「家庭、保育園、幼稚園との国語に関する指導の連携協力を基とした入門期指導について述べなさい。」
     「入門期」とは、一般的には新しい学習を始める当初の時期のことである。ここでは、小学校入学当初の時期である。つまり、6歳児が小学校教育という組織的系統的学校教育を受け始めることである。
     しかし、すぐに本格的な国語学習を開始するわけではない。そのため、入門期の指導について以下に詳しく述べる。
    1 入門期指導のねらい
     第一は、児童が安心して先生や友だちと何でも話せるなごやかな学級環境を構成することが大切である。第二に、文字力・語彙力・表現力など児童の言語能力は家庭・生活環境による格差が大きいため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。