教育相談「来談者中心療法について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数367
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育相談来談者中心療法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「来談者中心療法について」
     来談者中心療法は、アメリカの臨床心理学者カール・ロジャーズによって20世紀半ばに創始された。ロジャーズは、真に問題解決できるのはクライエント本人だけであると主張し、カウンセリングにおいては、クライエント自身の内部から自発的に生じる自己実現に向かう傾向が発現するようにすべきとした。
    ①来談者中心療法の理論
     来談者中心療法というものは、現実・ありのままの自分(有機的体験)と理想・思い込みの自分(自己概念)が一致しない状態から、本当の体験に基づいた自己概念を作り上げることが目標なのである。セラピストとの関係において、何の脅威も感じない安全な心理的雰囲気を体験すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。