教育相談「今日の多くの学校や研究相談所では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つの基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数510
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育相談来談者中心療法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「今日の多くの学校や研究相談所では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つの基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べよ。」
    1 来談者中心療法
     来談者中心療法は、アメリカの臨床心理学者カール・ロジャーズによって20世紀半ばに創始された。アメリカにおける心理療法は、精神分析と行動療法が主流であった。しかし、ロジャーズは、真に問題解決できるのはクライエント本人だけであると主張した。したがって、カウンセリングにおいては、クライエント自身の内部から自発的に生じる自己実現に向かう傾向が発現するようにすべきとし、来談者中心療法が誕生したのである。
    ①来談者中心療法の理論
     ロジャーズは、現象学的自己理論というものを考えた。私たちが意識している自分自身のことを、「自己概念」といい、自分の行動に対してそれぞれに感じている主観的な現実を「有機的経験」と呼んだ。この有機的経験と自己概念が一致していればいるほど、人間は生き生きと生活することができるという理論である。しかし、自分が本当に経験していることと自己概念が一致しないと、様々な不適応状況が起きてしまう。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。