教育心理学『子どもの「個人差」について述べよ。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数803
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『子どもの「個人差」について述べよ。』
    子どもには「個人差」というものがある。人間の発達は、受精から死亡にいたる時間の経過の中で、より有能に、より複雑に身体的にも精神的にも大きく変化していくものであり、発達は連続的な過程であるといえる。
     その中で、知能・性格・遺伝と環境・教育・発達など様々な影響を受けて「個人差」というものは生まれてくるのである。
    1、知能
     人が行う知的行動には、個人差が見受けられる。知的行動は、子どもが育てられてきた環境のあり方とそれぞれの子どもが持つ個人的要因によって規定される。この知的行動の個人的要因を説明するために用いられる概念が知能である。
     知能は、①抽象的な思考能力、②学習する能力、③新しい環境に適応する能力と定義されている。
     知能は、遺伝と環境の相互作用によって発達していくのである。知能の発達は、環境次第で促進されたり阻害されることもある。
     一卵性双生児の二人は、別々に育てた場合でも、一緒に育てた場合でも相関性が高く、遺伝の影響を受けていることが分かる。しかし、一緒の環境で育てた場合のほうが相関性が高く、環境の影響も受けていることが伺える。さら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。