家庭科指導法「今後の社会変化への対応を考慮した家庭科の学習について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数552
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    家庭科指導法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「今後の社会変化への対応を考慮した家庭科の学習について」
     現代社会は急速に変化をしている。その中で生きていく児童に対して、家庭科の学習はどうあるべきなのだろうか。
     教育課程審議会の答申(1998年)は、わが国は、国際化、科学技術の進展、環境問題への関心の高まり、高齢化・少子化など社会の様
    々な面での変化が急速に進んでおり、今後、一層厳しい変化が予想されることを指摘している。また、社会の変化は、家庭の変化にもつながっており、女性の社会進出や少子高齢化社会などの問題が浮き彫りとなっている状態である。
     子どもたちを見ると、「買い物経験がほとんどない」「掃除の手伝いをしたことがない」という子どもが60%余りという実態であり実態であり、子どもは家事など日常の生活経験が少なくなっている。
     このような社会変化の中において、主体的・創造的に生きていくためには、自ら考え、判断し行動できる資質や能力の育成を重視していくことが特に重要であると述べている。
     このような社会や家庭、子どもたちの変化を受ける中で、「家庭科」という教科はどうあるべきなのだろうか。社会の変化への対応の仕方について3つあげる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。