保育内容総論「保育の中で子どもの発達を捉える際に留意する点について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数390
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    保育内容総論保育

    資料紹介

    「保育の中で子どもの発達を捉える際に留意する点について」
    発達のとらえ方は、様々なものがある。心理学においては、未成熟な状態からおとなとしての完態に向かって近づく進歩の過程と考えられている。しかし、この考え方は、問題を生み出してしまう。「遅れている」か「進んでいる」かという側面で発達を評価し、「進んでいる」ことに価値を置く見方に立つと、子ども時代というのは、おとなになるための過渡期にすぎず、早く様々なことが「できる」ようになることが望ましいと考えられるようになってしまう。これは、日本においても早期能力開発を唱える幼稚園などに支持されている。この形は、教師からの「教え込み」になってしまい、子どもの自発性・主体性が抑制されてしまうのである。

     また、到

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     発達のとらえ方は、様々なものがある。心理学においては、未成熟な状態からおとなとしての完態に向かって近づく進歩の過程と考えられている。しかし、この考え方は、問題を生み出してしまう。「遅れている」か「進んでいる」かという側面で発達を評価し、「進んでいる」ことに価値を置く見方に立つと、子ども時代というのは、おとなになるための過渡期にすぎず、早く様々なことが「できる」ようになることが望ましいと考えられるようになってしまう。これは、日本においても早期能力開発を唱える幼稚園などに支持されている。この形は、教師からの「教え込み」になってしまい、子どもの自発性・主体性が抑制されてしまうのである。
     また、到..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。